冬物のキャップを洗う

トラウトハンターのキャップ

冬中かぶっていたキャップを洗濯した。ぼちぼち衣替えである。

このキャップ、Trout Hunter 刺繍入りはもともとツバの部分にレネ・ハロップ氏の直筆サイン入りだったが、2年ほど使っているうちに綺麗さっぱり消えてしまった。紫外線でやられたせいだろう。

このキャップは(も)もらいもの。トラウトハンター製品の日本の発売元であるマーヴェリックさんからのプレゼントであった。もう4年ほど前かなあ。

他にもキャップはもらいものが4点ほどあるか。やたら帽子をよくもらう。

しかしそれにしても、解禁初釣りの予定が立たん。もうすぐ夏だぞ。

コメント

  • House Of Harrop のこと

    House Of Harrop のページにはその昔、日本語の案内もあったと思うがなくなってしまったのだろうか?



認証コード5579

コメントは管理者の承認後に表示されます。